琵琶湖の水と豊かな大地で育った近江米 近江米とは琵琶湖の水と豊かな大地で育った滋賀県産のお米です!

母なる琵琶湖を中央に擁した滋賀県は、四方を鈴鹿山脈と伊吹・比良・比叡の山々に囲まれ、温和な気候、豊かな土、きれいな水に恵まれ、米づくりには最適の環境といわれており、昔から江州米(ごうしゅうまい)の産地として、全国に名を馳せた米どころです。 豊かな水と近江盆地から来る土壌(花崗岩)は水はけも良く米作りに最も適している地域です。

環境にやさしい技術で栽培されたお米は
環境こだわり米と認定され、認証マークが付いています。

お米を作る時に、農薬・化学肥料を通常の5割以下にし濁水の流出防止など琵琶湖を中心とする環境にやさしい技術で栽培され滋賀県が環境こだわり農産物として認証されたお米です。滋賀県では平成13年産から積極的に取り組んでおり、生産は拡大しています。近江特市でもこの「環境こだわり米」を積極的に販売しています。

近江米の種類

コシヒカリ 粘りが強く、口当たり・つやともにバランスが良くまとまったお米です。

良質、極良食味の品種で、粘りが強く、香り、味のバランスが最もいいとされています。炊き上がりには光沢があり、モチモチとして甘みも強く、知名度、人気ともに国内で400種以上栽培されているコメのうち1979年以来全国的に首位を独走しています。 滋賀県産のコシヒカリの特長はやや歯ごたえを感じるのが特徴で湖北、湖東、湖西地区を中心に全県的に栽培されています。

ヒノヒカリ 艶やかな炊きあがで、噛むほどに甘味が出るおいしいお米です。

「コシヒカリ」と「黄金晴」を掛け合わせて九州で誕生したお米で、小粒で粘りの強いお米です。みずみずしい食感と、粘りも強く、コシヒカリに優るとも劣らない美味しいお米です。ふっくら艶やかに炊きあがり、噛むほどに甘味が出ます。粒の大きさはやや小さめです。食味の実力から中・四国、近畿、東海地方へと徐々に普及地帯が拡大しています。

キヌヒカリ 炊き上がりは絹のように白く、粒がしっかりしていてモチモチとした食感が特徴。

コシヒカリの血を受け継いだ品種で、食味は 「コシヒカリ」 に匹敵するおいしいお米です。炊き上がりが絹のように白く、光沢があることからこの名前が付けられました。粒がしっかりしていてモチモチとした食感のお米で、おにぎりやお弁当によく合います。良質、良食味の品種で、品質、収量とも変動の少ない安定した品種として定評があります。湖南、甲賀、中部、湖東地区の平坦地を中心に栽培されています。

夢ごこち 抜群の粘りがあり、冷めてもおいしいお米です。

夢ごこちは玄米成分中のアミロース含量が「コシヒカリ」より1〜2%程度低く、タンパク質含量も安定して低いため、食味は「コシヒカリ」を超えるとも言われています。抜群の粘り、冷めてもおいしいお米です。特に冷めてからは、よりおいしくなるようなお米ですので、お弁当やおにぎりなどに最適です。

レーク65 食味はよく粘り、コシヒカリに匹敵するおいしさです。

『レーク65(滋賀65号)』は滋賀農試が十数年をかけて育成した期待の新品種です。ヒノヒカリ(母)とキヌヒカリ(父)を親とする品種でアミロース含量はコシヒカリより約2%低く、食味はよく粘り、コシヒカリ以上の極良食味です。高温登熟性が優れ、品質の劣化が少いのも特徴です。穂長はコシヒカリ・キヌヒカリより短いため、倒れにくく作りやすいため生産者の皆さんも期待している品種です。

日本晴 現在日本のお米の味の『基準米』とされているおいしいお米です。

滋賀県産の日本晴は、現在日本のお米の味の『基準米』とされています。粘りが少なく少し硬めで、さっぱりした食感のお米です。癖がないため、「食べ飽きない」と好評で、自宅用に栽培する農家も多いです。少し硬めなので、寿司米やカレー・ピラフ・炒飯に最適です。光沢と、適度の硬さと粘りがあって、おいしい米です。一年中味が落ちなにくいのも特徴です。

ミルキークイーン 粘りが強く、冷えても硬くなりにくく、ブレンドにも適したお米です。

コシヒカリの突然変異で生まれた低アミロース米でもち米のように粘りが強く、冷えても硬くなりにくいという特徴があり、一般米に混ぜるとごはんに粘りが出ておいしくなります。お弁当やおにぎりなどに向いています。玄米が半透明なのでお米の表面が乳白色に見えることから名付けられました。

滋賀旭27号 ほどよい粘りと大粒でしっかりとして食べごたえがあるお米です。

旭は京都で昔から栽培されていたお米で、日本の良質米の祖先です。開発されたのは日本晴(1963)よりも古く1933年(昭和8年)。米粒はしっかりとした大粒の晩生品種で食べごたえ充分で粘りはほどよく、味はコシヒカリに似ています。昭和30年代頃まで関西では「旭でなければ米でない」といわれる程、「旭」は人気の品種でした。滋賀旭27号は滋賀県内でも希少なお米です。

キッスの味 食感が非常に良く、まろやかな甘味が特徴です。

極早生品種として、若者志向として栽培。食感が良くまろやかな甘味が特徴です。

秋の詩 米質が軟らかく、粘りが強い滋賀県生まれの新しいお米。

滋賀県で生まれたコシヒカリの系の新しい品種です。米質が軟らかく、粘りが強いのが特徴で、大変食味の優れた品種米です。色々な料理によく合います。

あきたこまち コシヒカリの特徴を受け継いだ、食味バランスの良い洋食向きのお米です。

コシヒカリと奥羽292号を掛け合わせて誕生したのが「あきたこまち」です。炊飯米は透明感と美しい光沢があり、香りが素晴しく、粘りが強く弾力性にも富んでいます。時間が経ってご飯が冷めた時も、お米が硬くなりにくく、お弁当やおにぎりなどに良く合う、冷めても美味しいお米です。また、玄米や分つき米、或いは発芽玄米でもパサつかずよく粘り、食感の良いご飯に炊き上がります。

ヒカリ新世紀 限りなくコシヒカリに近い新品種。コシヒカリに匹敵する美味しさが味わえます。

コシヒカリと稲の丈の低い種を交配して作った品種に、さらにコシヒカリを連続8回交配して誕生した、限りなくコシヒカリに近い新品種です。モチモチした粘りの強さと、ツヤ・香りの良さが特徴で、やわらかいご飯が炊き上がります。噛めば噛むほど、口の中に甘みが広がり、コシヒカリに匹敵する美味しさが味わえます。

ほほほの穂 大粒でしっとりよした炊上がり、さめてももっちりしているお米です。

「ほほほの穂」は石川県が総力を上げて開発したお米です。超大粒な「能登ひかり」と高級ブランド米「あきたこまち」と交配させて作られたお米です。両方のお米のよさが出ているお米で、大粒でしっとりとした炊上がり、艶と粘りが特徴です。冷めてももっちりしているのでお弁当やおにぎりに最適です。

ご購入はこちら 近江特市Yahoo店

お問い合わせ

道の駅 草津 グリーンプラザからすま 農業生産法人 有限会社からすま農産
■住所:〒525-0001 滋賀県草津市下物町1436
■TEL:077-568-1208(受付時間:9:00〜18:00)
■FAX:077-568-3035(24時間受付)
■定休日の月曜日(祝日の場合は翌日)、12月31日・1月1日・1月2日 ※7月〜8月は無休
■メール:shopinfo@karasuma.co.jp

お米購入なら近江米販売の道の駅草津運営"近江特市"
近江米通販の近江特市では、出荷農家の紹介と一緒に各種お米販売ページを御覧いただけます。農家直の安全安心な近江米販売で、お好きな分付き(玄米、五分精米、八分精米、白米、上白米)、お好きな米品種、お好きな量で購入いただけます。ご注文を頂いてから精米し、新鮮なおいしい近江米をお届けしています。他にも近江牛販売や鮒ずし販売、天然蜂蜜(レンゲ蜜)販売、赤こんにゃく販売、あおばな茶販売などの滋賀県の特産品も数多く販売しております。8,000円以上ご購入で送料無料、クレジットカードもご利用いただけます。滋賀県草津市のびわ湖沿いにある道の駅グリーンプラザからすまからお届けしています。
ページTOP